調剤薬局からMRへ転職

MR薬剤師求人TOP >> パターン別の転職 >> 調剤薬局からMRへ転職

調剤薬局からMRへ転職

調剤薬局で勤務している薬剤師の方が、MRに転職するケースは多いです。調剤薬局は人気の職場で、薬剤師も多く働いている職場ではありますが、メリットもあればデメリットもあります。メリットとしてはやはり安定性です。調剤薬局は患者さんへ薬を提供し、その服用などについてのアドバイスをしますが、一通り仕事を覚えれば後は大きく仕事内容が変わりにくいという事がメリットとして挙げられます。もちろん新薬についての勉強は常にしていく必要はありますが、落ち着いて働きやすいです。その反面、仕事が大きく変わらないため、物足りなさを感じる方が多いのがデメリットです。特に男性の方はよりチャレンジしていきたいという気持ちを持っている方もたくさんいるため、そういった方にはずっと調剤薬局で勤務するのは身に付くスキルの量からも、あまりお勧めではありません。そういった方が次へのステップとして選ぶ方が多いのがMRです。

MRは薬剤師免許を持っている方は問題なく応募する事ができます。以前は薬剤師の営業職のようなイメージが強かったMRですが、最近は医薬情報担当者と呼ばれ、病院に医薬品に関する情報を提供するのが主な仕事になっています。医薬品は服用の仕方を間違えると副作用に繋がってしまったり、思うような効果がでなかったりするため、適切な使用方法を伝えて利用してもらいやすくするのが目的です。

調剤薬局の仕事と同じく、医薬品に関する知識、化学や医療に関する知識が必要となり、専門性が高い仕事です。それに加えて、営業的な能力も必要となり、コミュニケーション力を磨く事に繋がります。より人と接する仕事がしたいという方にもお勧めの仕事です。また、収入に関しても調剤薬局で働くよりも増えるケースもよく見られ、20代でも500〜600万円の年収になる方が大半です。そのため、調剤薬局で一通りの薬剤師としての仕事を身に付けたという方は検討してみるのもお勧めの職種です。

MRは現在まだ人手が足りていない職種でもあるので、全国的にも求人は豊富です。そのため、転職サイトなどで求人をチェックしていれば、応募できる求人は数多くありますし、転職するまでにそれほど時間を掛けずに転職できるケースも多いです。もちろん自分を振り返る時間は取った方が良いですが、焦らなくて良いのはメリットです。まずは登録してみて内容をチェックしてみたり、登録すると付いてくれる転職アドバイザーの方にカウンセリングを行って貰うのもお勧めです。

MRの薬剤師求人も豊富!人気の転職サイトはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のMRへの転職ナビ <※効率よく求人を探す方法> All Rights Reserved.