MRから病院へ転職

MR薬剤師求人TOP >> パターン別の転職 >> MRから病院へ転職

MRから病院へ転職

最近は薬剤師が活躍する場も増えて幅広くなっており、それに合わせてキャリアアップを図ったり、自分のライフスタイルに合わせた仕事に転職をする方も増加傾向にあります。その中でもMRとして仕事をしている方が、病院に転職するケースというのは多いケースです。

MRは医療情報担当者という、自分の会社の医薬品の情報を医師や病院に提供するという役割を持っています。医薬品は正しい使い方をしないと副作用が出てしまったり、患者さんに逆に負担を与えてしまう事があるため、適切な使い方に関する情報をMRが伝える必要があるのです。仕事は病院を行き来するため、近くの病院なら良いですが、そうでない場合も多く、日本全国様々な場所に行く事があります。そのため、長く続けるには少し大変という方もいます。

そういった方が転職先として選ぶ事が多い職場に病院があります。MRは仕事をしに病院に出向く事が多いため、様々な病院を回る事になります。設備が整っている事も多く、落ち着いた環境で働ける事が多い病院は、忙しく飛び回るMRの仕事をしている方がもう少し落ち着いて仕事をするには最適な職場と言えます。また、病院で薬剤師として勤務する場合は医療に関する知識が必要になりますが、普段から医師と接して働いているMRはスムーズに移行しやすい仕事とも言えます。

病院では調剤の仕事がメインになるため、患者さんに薬を提供し、その薬の服用の仕方についての注意点を説明したり、アドバイスを行う事が仕事となります。調剤の仕事は調剤薬局と病院で大きく分かれますが、病院の方が、収入的には少し高めになる傾向があります。調剤が併設されている病院は大きめの規模である所が多く、設備も整っているため、収入面や福利厚生でも配慮されている事がほとんどです。MRの仕事は収入が高めの仕事ですが、大幅なダウンをする事なく、落ち着いた環境で仕事ができる職場と言えます。

病院の数は限られており、頻繁に新設されるものではないため、求人の量としては多いとは言えませんし、人気も高いです。少し長めに期間を考えて活動していくのがお勧めです。ですが、定期的にチェックしていけばチャンスは必ずあるので、まずは転職サイトに登録して情報のチェックからしてみると良いでしょう。転職サイトに登録すると、アドバイザーという転職についてサポートをしてくれる方がいますが、こういった方に相談をしてみるのも、お勧めの方法です。

MRの薬剤師求人も豊富!人気の転職サイトはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のMRへの転職ナビ <※効率よく求人を探す方法> All Rights Reserved.