MRからCROへ転職

MR薬剤師求人TOP >> パターン別の転職 >> MRからCROへ転職

MRからCROへ転職

最近は薬剤師の仕事の幅も広くなってきていますが、MRの仕事をしていて、転職を考えるという方も多いです。MRは適切な利用情報を病院に提供するというのが主な仕事ですが、その中で、自分も新薬の開発に携わりたいという目標を持つ方もいます。製薬メーカーに転職をするという選択肢もありますが、少し敷居が高く、人気も高いので中々転職の窓口が少ないのが現状です。そういった方に、最近人気が出てきているのがCROへの転職です。

CROはContract Research Organizationの略称で、製薬メーカーが新薬開発のために必要な治験の業務やデータの取りまとめなどを代行して行う企業を指します。簡単に言えば、製薬業務の代行会社という事が言えます。こうした企業は大手メーカーに比べると規模は小さくなりますが、新薬開発の業務に携わる事ができ、薬剤師の資格を生かす事もできるため収入も比較的良く、人気が高くなっています。

医療技術は日々進歩しており、新しい医療技術も常に開発されています。それに合わせて新薬の研究開発も製薬メーカーで進められていますが、業務量が膨大になり、製薬メーカーだけで処理しきれないという業務もあります。こうした業務をCROが引き受ける事により、製薬メーカーは多くの新薬開発を進める事ができます。

CROが引き受ける仕事は様々で、開発に関する深い部分まで携わる事ができます。MRとしてこれまで仕事をしてきた方は、営業的な側面もあるため、技術的なスキルが専門分野を磨いてきた方たちと比べると浅い面があります。そのため、製薬メーカーで通用する技術が身に付いていないという事がありますが、CROの業務は完全に1からの新薬開発ではなく、製薬メーカーの開発を手伝うという形になるため、MRの方でも入っていきやすいというメリットがあります。また、身に付けた開発スキルでキャリアップを図っていく事もできます。

製薬企業の人気が非常に高い中、CROの仕事も人気が出始めており、注目度も上がっています。求人も比較的あるため、検討してみるのもお勧めの選択肢です。収入面は求人情報のチェックの際に確認し、納得のいく内容かを十分に調べましょう。特にMRとして働いていた方は収入も高めのはずなので、少しダウンする事があるかもしれません。CROの仕事はMRとはまた違ったやりがいを感じられる部分も多いため、よく考えて検討すると良いしょう。

MRの薬剤師求人も豊富!人気の転職サイトはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のMRへの転職ナビ <※効率よく求人を探す方法> All Rights Reserved.