病院からMRへ転職

MR薬剤師求人TOP >> パターン別の転職 >> 病院からMRへ転職

病院からMRへ転職

病院で働いている薬剤師の方もいると思いますが、最近は病院からMRの仕事に転職をするという薬剤師の方も増えています。病院で働くのは良い所もありますが、それと同時に短所もあります。良い点は安定して働きやすいという点です。病院に限らず薬剤師の仕事は患者さんに適切に薬を調合して提供し、その服用の仕方について注意やアドバイスをするというものです。新しい薬というのは日々開発されるため、薬に関する知識は新しく学んでいく必要がありますが、薬剤師としての基本的なベースの内容は大きく変わらずにこなしていく事ができます。その反面、大きく仕事が変わらない事で、少し物足りなさを感じてしまったり、より幅広くスキルを身に付けていきたいという方には、向かない部分もある職場と言えます。

そういった方の中で最近多く選ばれている仕事がMRです。薬剤師資格を生かして働く事ができる仕事で、収入もアップしやすい仕事と言えます。MRは医療情報担当者とも言われたりしますが、医薬品についての情報を、病院や医師に提供するという役割を持った人たちです。

最近の医薬品は効果も高いものが多いですが、一歩使い方を間違えれば副作用が生じたり、体調を大きく崩してしまうといった事もあります。そういった事を防ぐために、適切な服用の仕方や、これまでに起きた副作用の事例などを情報として提供し、より安心して利用しやすくするのが仕事です。

病院の仕事よりもコミュニケーション力がさらに大切になり、特に医師とも話す機会が増えるため、医薬品に関する知識と合わせて、医師と対等に話ができるレベルで、医療に関する知識も必要になります。薬剤師は元々そのベースがあるので、スムーズに仕事を切り替える事ができます。人と接する事が好きという方にも向いているので、病院勤務での患者さんとのやりとりがほとんどの状況に物足りなさを感じている方にお勧めです。

年収も、病院での調剤の仕事は500万前後という所が多いですが、MRでは20代の半ばでも500〜600万円というかなり高い水準になっており、収入アップも期待できます。仕事の幅を広げるという意味でも、転職で収入アップを目指したいという方にも、MRはお勧めの仕事です。転職サイトにもMRの仕事の求人は、全国的に多めになっています。まだ人手が十分に足りていない業界なので、これからもまだまだチャンスは大きい仕事とも言えます。まずは求人情報のチェックから始めてみるのもお勧めです。

MRの薬剤師求人も豊富!人気の転職サイトはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のMRへの転職ナビ <※効率よく求人を探す方法> All Rights Reserved.