ドラッグストアからMRへ転職

MR薬剤師求人TOP >> パターン別の転職 >> ドラッグストアからMRへ転職

ドラッグストアからMRへ転職

最近薬剤師の職場として増えているドラッグストアですが、ここからMRに転職するという方も多いです。ドラッグストアにもメリットはありますが、MRの仕事も魅力は大きいので、検討している方は自分の適性も踏まえて考えていくと良いでしょう。ドラッグストアは、薬剤師の職場として一般的な調剤薬局よりも、仕事の幅が広い職場として認識している方が多いです。患者さんへの医薬品に関するアドバイスだけでなく、サービス業としての側面があります。医薬品もドラッグストアの商品のため、陳列や在庫の管理があったり、店舗の運営に携わるという事もあります。業務が幅が広い分、身に付けられる事も多いため、これはこれでメリットと言えます。

その反面デメリットとしては、忙しくなりやすいという点が挙げられます。ドラッグストアは調剤薬局や病院と異なり、平日も休日も営業しており、それに合わせてスタッフも勤務する必要が出てきます。そのため、土日休みが取れなかったり、長期休暇が少なめという事があります。また、店舗に薬剤師は一人だけという店舗が多いため、医薬品に関する仕事はすべて薬剤師という事になります。そのため、やりがいはありますが、忙しく、プライベートの時間が中々取れないという方が多くいます。

それに対してMRの仕事は病院に向かい、自社の医薬品に関する情報提供をするというのが仕事の内容になります。医薬品は服用の仕方が正確に決められており、服用の仕方を守らないと副作用に繋がったり、体調を崩すという可能性もあります。そのため、MRが医師に正しい使い方に関する情報を提供する事で、より安心して処方しやすくし、医薬品の普及率を上げるのが仕事です。

基本は病院が開いている時間に向かう事になるため、ドラッグストアのように夜までという事がないのと、土日も病院は基本的に閉まっているため、土日休みも取りやすいと言えます。また、収入は薬剤師が就ける仕事の中ではかなり高めの水準となっており、20代でも500〜600万円ほどの年収となります。営業的な側面もある仕事なので、このような高い水準になっています。

そのため、ドラッグストアの仕事で心配が出てきたり、少し自分には大変すぎるという方、もしくはドラッグストアの仕事よりも、より薬剤師の資格を生かした医療的な方面で仕事をしたいという方にはMRは最適なステージと言えるでしょう。比較的求人も多く、今はお勧めの職種と言えます。

MRの薬剤師求人も豊富!人気の転職サイトはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のMRへの転職ナビ <※効率よく求人を探す方法> All Rights Reserved.