CROからMRへ転職

MR薬剤師求人TOP >> パターン別の転職 >> CROからMRへ転職

CROからMRへ転職

薬剤師の方が携われる職場にCROというものがあります。CROは研究開発のような仕事で、製薬メーカーだけでは行いきれない治験業務やデータの取りまとめ業務など、新薬開発に関連する業務を代行する企業の事を指します。製薬メーカーの下請け企業のような印象もありますが、専門的な知識なども必要で、高度な内容も多い仕事のため、収入は比較的良く、高薬剤師の方は資格手当もあるため、高めの水準となっています。ただし、やはり大手の製薬メーカーから仕事を依頼されている立場なので、より高いレベルの仕事がしたいという方や、自分の希望する方向に再スタートを切りたいという方もいます。そういった方に最近人気が高いのがMRの仕事です。

MRは薬剤師の営業というイメージを持つ方もいますが、最近は仕事の内容も変わってきています。以前は病院に自社の医薬品を使って貰えるよう働きかける営業色が強かったですが、最近は医薬品の適切な情報を提供する担当者に変化しています。医薬品は服用の仕方を誤ると、副作用や重大なトラブルに繋がりかねないため、医師にその特性や服用方法について情報提供をする必要があります。MRは全国の病院に出向き、医師とやり取りをして、適切な情報提供をしていきます。

MRは最近人気が高いですが、その理由はこういったコミュニケーションを大切にする仕事で、人と接する仕事をしたいという事を理由にする方もいますが、収入の高さを理由にするケースがよく見られます。以前の営業色が強い時は30代前に年収1000万円近くという方もいました。最近は少し落ち着いたものの、その収入の水準は依然として高めで推移しており、30代前で500〜600万円となっています。薬剤師の職種の中でも高めなので、魅力としてはやはり大きいです。

MRはやりがいのある仕事でもあるので、収入面の高さだけではなく、自分の適性も考慮して転職を検討するようにしましょう。収入面の高さだけで選んでしまうと、後々後悔する可能性もあるので、よく検討して、自分に向いていそう、やってみたいという事であればぜひチャレンジすると良いでしょう。

MRの求人は現在豊富にあり、どの職場でもまだ十分に足りていない現状があります。そのため、転職活動もスムーズに行きやすいです。ですが焦りすぎず、転職サイトのMRの求人の中でも比較検討をして決めると失敗が少ないです。転職サイトに登録するとアドバイザーの方に相談もできるので、活用するとより良い転職活動が進められます。

MRの薬剤師求人も豊富!人気の転職サイトはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のMRへの転職ナビ <※効率よく求人を探す方法> All Rights Reserved.