MRとMSの違いを知ろう

MR薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> MRとMSの違いを知ろう

MRとMSの違いを知ろう

薬剤師が就ける職業として、MRとMSという職種があります。この二つの職種の仕事は大きく異なります。ですが、響きが似ているため、混同してしまう方も多いです。まず、MRはメディカル・レプレゼンタティブの略で、医療情報担当者という仕事です。自社の医薬品についての適切な情報を、医薬品を納品している病院や医療機関などに提供する役割を持ちます。以前は少し違った仕事内容で、薬剤師の営業職というイメージの仕事でした。自社の医薬品を使用して貰えるように病院などに働きかける仕事でしたが、病院側が現在は売り込みに対する抵抗感もあり、MRの仕事もそれに合わせて変化しました。医薬品は適切な服用の仕方を守らないと、患者さんに副作用や重大なトラブルが起こってしまう可能性もあるため、安心して利用してもらえるようにMRの役割があります。

次にMSの仕事ですが、こちらはマーケティング・スペシャリストの略で、医薬品卸販売担当者という仕事です。こちらは医薬品を納品する仕事です。病院や医療機関に自社の医薬品の供給を行う担当者で、在庫が少なくなっている施設があれば、そこに不足が無いように前もって供給するといった役割を担っています。MSも、MRと同様に医薬品に関する情報の提供も行います。MSの情報提供先はMRよりも幅広く、調剤薬局やドラッグストアなどにも情報を提供します。

また、MRとMSの最大の違いとして、商品の販売価格を決める権利を持っているかという点があります。MRは価格の決定権を持っていませんが、MSは価格を設定する権利を持っています。そのため、お得意先の病院などがあれば、まとまった発注があった際などに値段を考慮する事もあります。

このように、アルファベット表記は良く似ていても、大きく異なる点があるMRとMSですが、両方とも薬剤師の仕事としては最近人気の職種と言えます。調剤薬局の中だけでなく、様々な取引先やお客様、医師などと会話を通じて意思疎通しながら仕事を進めていくため、やりがいは大きい仕事と言えます。転職を検討している方は両方をよく調べた上で、自分に合うと思った方で転職活動を進めていくのがお勧めです。

転職サイトではMRもMSも比較的求人数としては多くなっています。まだまだ人手が十分とは言えない職種なので、チャンスも大きい仕事と言えます。チャレンジしたいという方は、まずは求人情報をチェックしたり、転職サイトに登録すると担当してくれるアドバイザーの方に相談をするのもお勧めです。

MRの薬剤師求人も豊富!人気の転職サイトはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のMRへの転職ナビ <※効率よく求人を探す方法> All Rights Reserved.