薬剤師がMRへ転職する際の志望動機はどうする

MR薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 薬剤師がMRへ転職する際の志望動機はどうする

薬剤師がMRへ転職する際の志望動機はどうする

どの職種でも同じですが、薬剤師がMRに転職する際には志望動機が必要になります。どうしてMRという仕事をしたくなったのか、正確に面接で伝えられるかどうかは、とても大切なポイントになります。志望動機はその場限りの表面的な話で通過できる事もありますが、これはあまりお勧めしません。表面的な伝え方で終わる場合、自分の本来の気持ちをないがしろにしてしまっている事が多く、それは転職してから時間を置いて、後悔という形で返ってくるケースがよく見られるためです。

志望動機を考える際に、なぜMRになろうと思ったのかを振り返る必要があります。今の職場に何か不満を感じて転職を決意したはずです。まずはそれが何かを自覚する必要があるのです。分かっているように思えて、これは意外と分かっていない方がほとんどです。頭の中で漠然と思いがあっても、実際に話にしようとすると上手く話せないという方が多いのです。これを改善するために、まずは時間を取って、何が不満で、どう改善したいのかを考えるようにしましょう。

これができたら次に志望動機を作るために、転職先の企業やMRについて考えます。自分の改善したいと思っている事が、新しい職場で仕事をする事で改善されると思ったから選んだはずなので、そこを深く考えて言葉にしていくようにします。気をつけたいのは面接のための志望動機作りにならないようにする事です。自分を偽って転職をしても必ず不満が残り、また転職をしてしまうという事になってしまいます。時間をかけて考える必要があるので、面倒と思われるかもしれませんが、転職後の満足度にも繋がる大切なことなので、じっくり行う事をお勧めします。

志望動機が自分の本心からかを確認するポイントとして、フレーズを覚えておかなくても良いかという点が挙げられます。自分の本音を反映した志望動機は、フレーズを事前に覚えておくなどの用意をあまりしなくても、スラスラと話せるようになります。逆に表面的だと、覚えておかないとすぐに忘れてしまいます。

こうした志望動機のチェックは、第三者にチェックしてもらうと、より良いものにしていく事ができます。転職サイトに登録すると、求人の紹介をしてくれたり、サポートをしてくれるアドバイザーの方が付きますが、こうした方にチェックしてもらう事ができます。話を聞いて貰うなどして、意見を貰うのもお勧めの方法です。プロの視点からアドバイスを貰えるため、失敗も少なくなりますし、考えやすくもなるため、お勧めです。

MRの薬剤師求人も豊富!人気の転職サイトはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のMRへの転職ナビ <※効率よく求人を探す方法> All Rights Reserved.