男性薬剤師のMRへの転職について

MR薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 男性薬剤師のMRへの転職について

男性薬剤師のMRへの転職について

MR(医療情報担当者)として働いているのはほとんどが理系学部の出身者であり、大半は薬剤師資格の保有者であるとされています。MRの主な業務内容は病院などの医療施設で働く医師や看護師と製薬会社のパイプ役となることです。では薬剤師として働いている男性がMRへの転職を希望する場合、どんなポイントを念頭に置いておくと良いでしょうか。1つ目は「給与待遇」、2つ目は「勤務体系」です。

薬剤師として薬局やドラッグストアでの経験がある場合、確認されるのは「どれほどの営業経験があるのか」という点です。調剤薬局で通常の勤務をしているケースでは、調剤と服薬指導が主な業務となるため営業経験はほとんどない、というのが現実です。とはいえ、店舗の責任者もしくは管理薬剤師としてのキャリアを持っているなら、製薬会社の担当者と取引をどのように行うかに関して経験や知識を持っている事でしょう。またドラッグストアで医薬品管理の責任者として勤務した経験がある人も、医薬品の発注などの関する経験を持っています。ですからこれまでの職場でこうした経験やキャリアを持っている人はMRへの転職に比較的有利な立場にあると言えるでしょう。

MRは外勤が非常に多く、フットワークの軽さが要求されるため、20代から30代後半の男性が多く採用されています。月収は40万円から50万円程度が平均的で、調剤薬局で勤務している薬剤師の平均給与よりも高いと言われています。また平均年収は600万円から700万円ほどで、中には1000万円を超える年収を得ている人も数多くいます。

製薬会社は東京や横浜、大阪などの大都市圏に多く集まっており、それに伴ってMRの求人情報もそれらの地域に集中しています。とはいえ、大半の求人ではより多くの申し込み者を募るために「引越しの費用負担」や「住宅手当支給」などが明記されています。ですから地方から転職することを考えている人も費用の面でそれほど心配する必要はありません。

MRへの転職を決める前に覚えておくべき点としては「残業や休日出勤がとても多い」という点でしょう。MRは得意先への訪問が主な業務であり、相手の都合に合わせて訪問する時間を調整する必要があります。ですから先方から「一般外来が終わった後で」「土日しか時間が無い」と言われればその日時に合わせなければならないわけです。もし「週末には必ず家族サービスができるようにしたい」と考えているなら、MRへの転職は簡単に決めない方が賢明でしょう。

MRの薬剤師求人も豊富!人気の転職サイトはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のMRへの転職ナビ <※効率よく求人を探す方法> All Rights Reserved.