薬剤師が日系製薬会社のMRへ転職するには

MR薬剤師求人TOP >> ここは押さえよう >> 薬剤師が日系製薬会社のMRへ転職するには

薬剤師が日系製薬会社のMRへ転職するには

薬剤師の中でも最近人気が高まっているのがMRの仕事です。MRは医療情報担当者という仕事で、病院に自社の医薬品の知識を提供するという職種です。医薬品には様々な効果の物があり、中には使い方を守らないと副作用が出てしまったり、逆に重大な支障をきたしてしまう事もあります。どのような患者さんに効果的なのか、服用するタイミングや量などの決まり、副作用の事例などの情報を病院や医師に提供し、安心して医薬品を使ってもらえるようにするための職業です。

MRの人気が高まっているのは、薬局だけにとどまらずに活動の幅を広げたい、患者さんだけでなく医師などともコミュニケーションを密にしていきたいという理由を持つ方もいますが、最も大きな転職理由としてはその収入の高さが挙げられます。調剤薬局で働く薬剤師の方の年収は20代半ばで400〜500万円と言われていますが、MRでは500〜600万円と言われており、一般職と比べても高い水準である薬剤師の中でも更に高い水準の職種です。やはり昨今の年収が徐々に下がり続けているという流れを考えると、この年収の高さは大きな魅力です。

MRを募集している企業には国内の日系製薬会社と外資系の企業がありますが、日系製薬会社の求人も比較的多い傾向にあります。また十分に人手が足りていない職種でもあり、求人は豊富にあります。専門性を高めた薬剤師の方は、どちらかというと技術職のようなイメージを持つ方も多く、コミュニケーションもスムーズに取っていける方がまだ少ないという現状があります。転職にチャレンジすると比較的にすんなりと採用まで至りやすい職種です。

また、日系製薬会社のMRは外資と比べると落ち着いて働きやすいのも特徴です。MRは薬剤師資格を持っていなくてもなる事はできますが、薬剤師資格を持っていると資格手当が出る職場も多いです。誰にでも門戸は開かれているため、検討している方はチャレンジしていくと良いでしょう。MRで大切になるのは薬剤師としての専門性とコミュニケーション力のバランスです。両方を上手く持ち合わせている、もしくは伸ばしていきたいという意識のある方に向いていると言えるでしょう。

MRの仕事を探すには転職サイトを利用する方も多いと思います。最近は薬剤師専門の転職サイトも登場しています。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師などがそれにあたり、日系製薬会社のMRの求人も豊富にあるため、登録して情報をチェックしていくと良いでしょう。キャリアコンサルタントという、転職のサポートをしてくれる方も付くので、相談をしてみるのもお勧めです。

MRの薬剤師求人も豊富!人気の転職サイトはコチラ

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のMRへの転職ナビ <※効率よく求人を探す方法> All Rights Reserved.